人生一度は営業を経験するべし!

営業と言いますと、いろんな分野の仕事があります。が、何を売るにしても、相手は人間です。そこが製造業とは異なる点です。人間は生きていく上で、必ず人とのかかわりを持ちます。そんな中でぎこちない人間関係よりも、スムーズな関係を構築出来たらそれがよりベターだと思います。
さて、皆さん誰でもそうだと思いますが、営業の仕事をやり始めますと、まず戸惑うのは相手との距離感でしょう。もうすでに人間関係が出来てしまっている友人と話すような訳には参りません。最初は基本的なトークを丸暗記して、何度もロープレをしてお客様の所へ出向きます。私もそうでしたが、あれだけ丸暗記をして、しかもロープレまでして頭の中に全て入れた筈なのに、相手が目の前に現れた途端全てが真っ白!会社であれだけ練習した事が、身についていません。というより、舞い上がってしまったんでしょう。そういう意味では最初の数か月?いや、数年かな?は苦労したものです。が、徐々に慣れてきますと、余裕ができるというか?トーク以外にジョークまで飛び出すなど楽しい会話が出来るようになります。
この仕事をやってて一番うれしいのは、成約出来た時です。これは自信になります。嫌な事も多々ありますが、この仕事の一番いい所はいろんな人との出会いです。そしてその人に合わせた会話、表情、言葉使い、態度が自然と身につきます。ですから、仮に今初対面の人と会ってもその人が営業関係の人だな?というのはすぐわかります。何故なら腰が低いからです。人間関係を構築するのに一番大切なことです。ややもすると、初対面で背中をそっくり返して話をしている人を見かけますが、残念ですネ!